留学タイプから選ぶ サブタイトル

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーとは?



ワーキングホリデーとは、自分の行きたかった国で学んで、遊んで、働く

新しい自分に出会える!


の国で「勉強」「遊ぶ」「働く」この3つを叶えることのできるのがワーキングホリデー


現在日本とワーキングホリデーの協定を結んでいる国はオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、 フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾、香港の11ヶ国。
最大で2年間ビザを取得することが でき、働くことも認められているため費用を抑えての海外生活を実現することができます。

自由な海外生活を送りたい!という人にはぴったりなのがこのビザ!


体験者の声

私は、2018年3月から1年間オーストラリアへワーキングホリデー留学をしました。
初めての4ヵ月は語学学校に行きました。私が行った学校は、ゴールドコーストにあるラングホーツ という学校で、様々な国の人がいて語学はもちろんですが国の特色も学ぶことができました。私の学校 はサーファーズパラダイスにあり、名前の通り海の近くにありました。なので学校が終わると、友達と 海に出かけてバーベキューを楽しんだりと、プライベートもとても充実していました。また、学校では 国籍豊かな生徒とグループ学習を行うことによって、語学を伸ばすことが出来、最初は全然話せなかった 私でも卒業する時には英語でスピーチができるまでになりました。
学校を卒業すると仕事をする為に、バンダバーグという地域に行きました。バンダバーグでは、ファーム の仕事をしました。しかし、農作物の不作のシーズンの違いもあり1ヵ月ほど仕事がない時期がありました。 お金が稼げず、家の家賃も支払えなくなるかもしれない状況に陥った時に助けてくれたのが、前のファームで 一緒に働いていたオーストラリア人の友達でした。金銭面や仕事の斡旋、そして自分の家に住んでいいよ!と 言ってくれたのです。
私は、今回の留学で楽しいことはもちろんですが、苦しいこともありました。しかし日本では決して体験 することの出来ない貴重な体験をすることが出来たのは、間違いなく私の人生の財産になりました。