よくあるQ&A

A.その国によって環境は様々です。例えば国によって、かかる費用が大きく変わったり、周りの日本人の数なども場所によっては大きく違います。 まずご自身のレベルを理解して、どのようなことを学び経験したいかを、明確にするとその希望に沿った国が見つかると思います。 まずはどのような希望かをお聞かせください。その後ご一緒に留学先の決定をしましょう!
A.はい、できます!滞在方法は留学をする中で重要なものです。私達グループでは、お客様にとって快適な環境を提供することを 目標にしていますので事前に連絡をいただければ、情報提供はもちろんですが、ご希望にできる限り添う形で進めさせていただいています。 滞在方法が学校の寮やホームステイの場合は私どもでお手続きいたします。 情報提供はもちろん、ご希望にできる限り添う形で進めてまいります。滞在方法が寮やホームステイの 場合は私どもでお手続きいたします。A.はい、できます!滞在方法は留学をする中で重要なものです。私達グループでは、お客様にとって快適な環境を提供することを 目標にしていますので事前に連絡をいただければ、情報提供はもちろんですが、ご希望にできる限り添う形で進めさせていただいています。 滞在方法が学校の寮やホームステイの場合は私どもでお手続きいたします。 情報提供はもちろん、ご希望にできる限り添う形で進めてまいります。滞在方法が寮やホームステイの 場合は私どもでお手続きいたします。
A.ご安心ください!事前学習やワークショップなど皆さまが渡航される前までに、様々なサポートをご用意しております。 また、私達グループは現地のエージェントと提携しており、渡航先でも充実したサポートをご用意しております!
A.低コストで留学をお考えのお客様には、ワーキングホリデー制度をオススメしております。ワーキングホリデー制度を利用する事で、 働きながら語学を学ぶことができるので、現地での生活費や、語学学校などの費用を抑えることができます。また私たちグループでは、 カスタム留学制度を設けておりお客様の希望の費用や、留学先などを上手く組み合わせることにより、希望のコストで理想の 留学の実現をお手伝いさせて頂いております。是非カスタム留学制度も利用してみて下さい。
A.個人差にもよりますが、3~6ヶ月間集中して語学学校に通う事で、初級レベルを脱出し、日常生活で英会話できるレベルに達します。 就学して最初の1カ月は、英語の授業に慣れることで精いっぱいです。2カ月目も1カ月目と同様で、授業の内容を聞いて理解するだけで余裕がありません。 しかし、2カ月を過ぎれば英語の学習方法も身につけることができ、3~6カ月目にかけては身につけた授業の内容を生活にも使用できるようになります。 英語ビギナーが日常英会話をできるようになるまでの留学期間は最低3カ月といわれています。
A.英語圏で大学進学を目指す場合、大学進学に必要な英語力が求められます。その中でも代表的な英語力の判断基準は、「ご自身のスコアで証明する」 「語学学校を利用する」となります。ご自身のスコアで英語力を証明する場合、大学側が提示するスコアの基準を超えている事が必須条件となります。 このスコアにはIELTS やTOEFLが用いられることが一般的です。また、大学のレベルによってこの基準は異なるので事前にご自身が就学を希望する 大学の条件を調べておく必要があります。もう一つの方法として語学学校を利用する方法があります。この場合、語学学校の所定のカリキュラムを修了した時点で その大学への進学に必要とされる英語力があると認定され、大学進学へと進むことができます。ご自身が入学を希望する大学に付属、 または提携している語学学校へ入学する事が必須条件となります。
A.もちろん可能です。ワーキングホリデーは学生ビザに比べて現地で働くことに特化した ビザです。多くの場合ワーキングホリデービザでは 就学の方に制限が課されます。ですので、就学をせずに働くことだけを選択することに関して何の問題もありません。ですが、どのお仕事でも 現地の言葉を話せるととても有利になります。事前に語学、文化、マナー等の勉強は怠らずに行う事をおすすめします。